特別インタビュー:社会と人に真摯に向き合う人 - Vol.4 『プロ・アダプティブ・サーファーとしてパリを目指す』

皆さんはアダプティブ・サーフィン(Adaptive Surfing)という競技をご存知でしょうか。一言で言うなら、障害者が行うサーフィンのことです。残念ながら、今年の東京パラリンピックでは、採用されません。(“オリンピック”では実施)しかし、4年後の開催地のパリでは、採用が期待されています。


このアダプティブ・サーフィンのAS-5(パドルアウトに補助が必要で立てないサーファー)というクラスで、2017年の世界選手権で4位に入るなど、日本の第一人者として活躍されているのが、藤原智貴氏です。10年前、頸髄損傷という大怪我を負うまでは、岡山県初のプロサーファーを目指していました。“パリ”を目指す一方で、この競技の認知向上のみならず、障害者にとってのバリア解消を、機会あるごとに訴え、さらには「ユニバーサルビーチ」の実現にも奔走されています。健常者と障害者、その両方の気持ちが理解できると仰る藤原氏に、お話を聞きました。

怪我(けが)は治るものだと思っていました

小学生の頃は柔道、中学・高校では卓球一筋。高校は強豪校でしたが、最高成績は県大会での準優勝で、国体もインターハイも出場は叶いませんでした。
卒業後、実業団からの誘いも受けたのですが、母が闘病中のため、岡山を離れることが出来ずに断念。地元の企業で営業職に就きました。それからは、スノーボードに熱中していました。

 

そんなある日、25歳の頃に出会ったのがサーフィンです。最初は、あっさり打ちのめされました。まったく何も出来なかったのです。とにかく悔しくて、その無念を晴らそうと、サーフィンにのめり込んでいきました。やがて大会にも出場するようになり、30歳の頃からは岡山県代表で全日本選手権にも出場するくらいになっていたのです。

 

一方で仕事は、念願でもあった料理人の世界へ挑戦しようと、25歳で脱サラし、修業を始めました。そして、32歳で自分の店を持ちました。ランチ営業はせず、夕方からの開店に……店が終わってから海へ行き、昼頃に帰ってくるという生活だったのです。

 

やがて、岡山で初めてのプロサーファーというのが目標になり、その準備を始めていた矢先に大怪我をしてしまいました。鳥取の石脇海岸でライド中、浅瀬に頭から落ち、頚椎粉砕骨折。つまり頸髄損傷という重傷を負ってしまったのです。サーフィンのライド中にこの怪我を負うと、それは、ほぼ死に直結するというのが常。ところが、僕は幸運でした。最初は俯せで浮かんでいたのが波の力で仰向けになり、さらに、いつも一人で海に出ることが多い私には珍しく、その日はスクールの講師をした後だったので、その生徒たちが助けに来てくれたのです。


手術後、1〜2日で、手を動かせるようになりました。しかし、そこから進まない。脇のラインから下の自由を失い、握力はゼロで、手首は多少動くかなという状態。医学的に言えば、「C6B3、四肢麻痺、要介助」という障害だそうです。ただ、それを告げられた時も、不思議と落ち込むことはなく、自暴自棄になるようなこともありませんでした。スノーボードをしていた時、何度も骨折していましたから、「怪我は治るもの」という認識があったのです。

 

また、鳥取の病院から岡山へ移ろうかという直前には、肺塞栓を発症し、10分間もの心肺停止に。この時ばかりは、家族にも「覚悟を」と告げられたようですが、何とか持ちこたえ、脳に後遺症もありませんでした。

 

再び海へ、目指すのは2024年のパリ

岡山に帰ってからは、1年以上ものリハビリ入院が続きました。よく、「リハビリは、大変だったでしょう」と聞かれますが、高校の部活で体験したキツい練習に比べれば、全く苦になりませんでした。理にかなった真っ当なメニューですから、意欲的に取り組むことが出来たのです。


そのうちに、これ以上は動かないという現実を受け容れることが出来るようになっていったのです。その一方で、それなりに何かスポーツをしたいという想いも募ってきました。ネットで調べていくうちに目に留まったのが、私と同じ怪我を負いながら、アダプティブ・サーフィンで活躍しているアメリカのジェシー・ビラウワーというライダーです。


「これだ!」と思いました。退院したら、挑戦したいなと思うようになっていきました。
ただ、家族には言い出せず、まずは、いろんなパラスポーツを見て回ることから始めたのです。ただ頸髄損傷は、かなり制限が厳しくて、例えば車椅子バスケなどは出来ません。可能なのは、卓球やアーチェリーなどですが、卓球は「今は、いいかな…」という想いがあり、アーチェリーも性が合わない感じがして、結局サーフィンしか残りませんでした。

ただ、やっぱり自分からは家族には言い出せなかったんです。でも、以前からのサーファー仲間が、「また始めよう」と熱心に誘ってくれて、家族にも、僕の想いを伝えてくれたのです。そうして、準備を始めて再び海に入れたのは、怪我をしてから約2年後。今から、8年前の冬でした。

再び海に入ることが出来た日、僕は怪我をしたけれど、また、こんなに素敵な仲間たちと一緒にサーフィンができる。そして何人かは涙を流して喜んでくれている。それが、とにかく嬉しかったことを覚えています。

 

それから、しばらくは、年に数回のイベントのような感覚で楽しんでいただけでした。勿論、海外では各地で大会があるのは知っていましたが、そこに出場するという気持ちはなかったのです。ところが、2015年に世界大会が開催されることが決まったことを知り、「これは、もう出るしかない」となってしまって…。それで、意思表示はしたのですが、日本サーフィン連盟が、「初めての大会なので、様子を見る」ということで、参加が叶いませんでした。その翌年も、発表が直前となったため準備が間に合わず断念。ようやく2017年と翌18年、アメリカのサンディエゴで開催された世界大会に参加しました。


結果は、2017年の4位が最高(2018年は7位入賞)。でも、そこでの手応えから、パラリンピック出場という目標が出来ました。今年の東京でサーフィンが採用されたのは、オリンピックのみ。しかし、4年後のパリでは、パラでも何とか採用されるよう、世界中のアダプティブ・サーファーが動いているので、期待しつつ頑張っていきたいと考えています。

 

ここでどうしてもお伝えしたいことがあります。僕がこうしたプロサーファーとしての競技生活を続けるためには、常にサポートが必要です。そんな僕に惜しみないサポートをずっと続けてくれる昔からの仲間、本当に感謝しかない。ありがとう。

 

(憧れのジェシー・ビラウワーと)

必要なのは心のバリアフリー

世界大会に参加して感じたのは、その盛り上がりの凄さ。観客も多い。何より、外国チームのスタッフの充実ぶりに圧倒されました。そして、寂しかったのは、外国チームのスポンサーに、多くの日本企業が名を連ねていることでした。それは、外国では障害者スポーツが完全に文化として根付いていることの証でもあるでしょう。

 

翻って私たちは、支援して下さる企業を探して、自ら資料を作り、訪問して歩くというのも重要なミッションです。特に、私の場合、一人では海に出ることができず、必ず二人の介助者が必要なため、交通費も宿泊費も、3人分掛かってきます。さらに、海外の大会とかになると、仕事を休んでもらうなど、日程の調整も大変というわけです。

 

もう一つ、アメリカは弱者に優しい社会であることを痛感しました。日本で、私たちが移動するとなると、まず、多目的トイレがどこにあるか。施設なら、バリアフリーであるかどうかの確認が、最優先事項になります。ところがアメリカは、そういったハード面を心配する必要がない。加えて、“人”のサポートも素早い。躊躇とか、迷いがないということでしょう。

 

日本では、「障害者を街で見かけない」という声をよく聞きます。でも、それは、障害者が出歩けるような街ではないからです。それが証拠に、ショッピングモールなど、施設が整ったところには、大勢の障害者がいる。観光地やアクティビティだって、障害者は行きたくても、行けない事情があるわけです。


最近、多目的トイレや、障害者用の駐車スペースなども、カタチとしては整備されてきました。でも、それが文化として馴染んでいない。多目的トイレも、おむつ交換用のベッドが倒れたままだと、車椅子から立ち上がれない私達にとってはお手上げです。中に入ることは言うに及ばず、それを起こすことさえも出来ません。また、駐車場で言えば、僕は自分でクルマを運転していますが、その状態では、外から障害者であることが判別できないからでしょうか、凄い形相で睨まれたり、中には「そこへ駐めるな」と声を荒げる方もいらっしゃいます。折角、勇気をもって注意を促そうとしている方に申し訳ないのですが、その辺りも、もっと障害者のことを知ってもらうことが必要なのでしょう。

 

ところで、ある時、支援学校で講演した際に、そこの生徒さんの全員が、海に入ったことが一度もないというのです。山奥の学校でもないのに一度もない‥。その子たちは海岸の砂の感覚とか、海水がどれほど塩っぱいとか知らない。これは、一大事です。


岡山には、渋川という美しいビーチがあります。しかし、ここの海水浴場は、せっかく整備されたのにスロープすら無くて、遊歩道にも海岸にも、車椅子では降りることができません。そこで、ここを何とかアメリカのビーチのように、誰もが楽しめるユニバーサルビーチに出来ないかと考え、玉野市長をはじめ、各所に働きかけて、イベントを開催する企画を進めています。

 

ビーチマットを敷いて、車椅子でも波打ち際まで行ける。水陸両用の車椅子を貸し出して、海水に浸かることもできる。海って、絶対に癒されるし、不思議なパワーを感じられる場所です。それを、何とか、先述の支援学校の生徒さんはもちろん誰しもが体感出来るようになったらいいなと考えているのです。

 

(2018年世界大会を仲間と共に)

※2020年3月より、「アダプティブ・サーフィン」は「パラ・サーフィン」に競技名が変更になります。

 

 

プロ・アダプティブ・サーファー藤原(旧姓:川上)智貴
1974 年6 月21 日生まれの45 歳。
岡山県倉敷市児島出身。アダプティブ・サーフィンと呼ばれる、
いわゆる障がい者サーフィンというカテゴリーの日本の第一人者。
2017 年12 月アメリカ・カリフォルニア州・サンディエゴのラホヤビーチで開催された
「2017アダプティブサーフィン世界選手権」で初出場ながらAS-5 クラスで4 位に入賞。
現在は2024 年のパリ五輪パラリンピックの出場に向けてトレーニングを続けている。
1974 年6 月21 日生まれの45 歳。
岡山県倉敷市児島出身。アダプティブ・サーフィンと呼ばれる、
いわゆる障がい者サーフィンというカテゴリーの日本の第一人者。
2017 年12 月アメリカ・カリフォルニア州・サンディエゴのラホヤビーチで開催された
「2017アダプティブサーフィン世界選手権」で初出場ながらAS-5 クラスで4 位に入賞。
現在は2024 年のパリ五輪パラリンピックの出場に向けてトレーニングを続けている。
  • 社会福祉法人敬友会 理事長、医学博士 橋本 俊明の記事一覧
  • ゲストライターの記事一覧
  • インタビューの記事一覧

Recently Popular最近よく読まれている記事

もっと記事を見る

Category カテゴリー

Writer ライター