• 記事一覧
  • 緊急投稿:免疫療法の落とし穴―ノーベル賞受賞報道の陰で

緊急投稿:免疫療法の落とし穴―ノーベル賞受賞報道の陰で

評価4.7(8件)

2018年のノーベル生理学・医学賞を、京都大学の本庶佑(ホンジョ・タスク)先生が受賞されました。受賞の理由は、免疫療法の一つであるオプジーボなどの「免疫チェックポイント阻害剤」の開発に結び付く研究であって、新たながん治療への道を拓いたというものでした。

10月1日の受賞報道に接し、日本人として、さらには医療者の一人として誇らしくかつ嬉しく感じたことは確かですが、同時に、医療の最前線にいる医者の一人として、一抹の不安がよぎったことも事実です。そして、それは翌日の2日、既にネットの中でも論じられることになり※1、私の心配が私だけのものではなかったと確信することになりました。

 ※1:「ノーベル賞で相談殺到、誤解して欲しくない免疫療法」BuzzFeed、10月3日配信

皆さんも一度は耳にしたことがあると思いますが、「副作用がない夢のがん治療」の如く謳った心地よいフレーズで「免疫療法」が紹介されています。その多くは、今回のオプジーボのような薬剤ではなく、「がん免疫細胞療法」※2といったもので、少し話が違うのです。本庶先生の受賞が「免疫療法」ということであるため、その治療に関して誤解が生じるのではないかと懸念したのです。私がそうした不安を持った理由は、現在、巷で行われている「免疫療法」の中には、詐欺まがいの治療があり、患者さんの不安な気持ちに付け込んで、自由診療を良いことに法外な金額の請求をしている施設が見受けられるという事実からでした。ある施設では、その内容をカモフラージュするかのように、今回取り上げられているオプジーボも使用されているようですが、本来の使用手順を逸脱した上に、既定の半分以下の量で、しかも法外な請求をすることもあり、なんともやり切れない想いでいます。

実際、新しく使用が可能になった胃がんの場合などに例えると、オプジーボの使用は通常の抗がん剤を使用して効果がない場合にしか使えないという決まりがあるのです。通常の治療では待ち切れない患者さんや、オプジーボの名前に釣られた患者さんたちが、こうした落とし穴に落ちているように見受けられます。

さらに、今回の報道の中には、その治療で良くなったという元総理大臣などの後日談を紹介しています。しかし、残念ながら、この治療で全ての患者さんが治っているのでは無いという事実は、こうした時の報道の常であって正確には伝えられていません。それを報道陣の節操の無さ、不勉強と謗るのは簡単ですが、今回の報道は命に関わることだけに、受賞の喜びに浮かれて大切なことを置き去りにしているように感じて、今後の動きを危惧しています。

さて、今回の受賞に水を差す気は毛頭無い事をお断りした上で、冷静に現実を見ていきましょう。

オプジーボは、当初、悪性腫瘍としては珍しい悪性黒色腫の治療薬として承認されました。薬剤の保険点数(医療費)は、開発費も考慮し、使用頻度などから決められるようですが、当初は100mgが約73万円でした。使用する際には、体重1Kgあたり3mgという用量で2週間に1回の投与ですので、60㎏の方で180mg、1回に約130万円、月2回なら260万円の計算になります。その後、1回を240mgに固定することになったのですが、それでも1回約175万円です。当初は希少疾患や、治療法も少ない病気が対象でしたので「高くても仕方ない」といった状況でしたが、対象の病気に肺癌が認められた時から、使用量が爆発的に増え、その高額な医療費が医療経済に与える問題として取り上げられるようになったのでした。

通常は薬の値段は2年に1回薬事審議会で決められるのですが、何故かオプジーボは審議される時期を待たずして急遽2017年2月に100mgが約37万円と一気に半額に値下げされました。さらには、胃がんも対象に入れられたためか、2018年度の薬価改定では、さらに100mgあたり約28万円まで値下げされたのです(これでも十分に高価です)。

この値段の高さは、先の自由診療をしている施設にとっては美味しい話となったようで、今回のノーベル賞の受賞を待つまでもなく、既に「免疫療法の落とし穴」と化し、医療に関しては当然ながら無知で善良な多くの患者さんを飲み込んできたのです。

今、マスコミなどで見聞きする免疫療法の多くが、まさに、モラル無き医療であり、医療者ではなく商売人、いや白衣を着た詐欺師による犯罪まがいの治療とまで言っても許されそうな感じさえしています。勿論、本庶先生を規範として、真摯にたゆまぬ研究に没頭し、いつの日にか真の新しい治療法となるように努力を重ねていらっしゃる先生方を知った上で、ここでは、敢えて、その問題点を書かせて頂きました。

もし、そうしたことで不安を感じている方がいらっしゃいましたら、先ずは今診てもらっている先生に相談されて、貴重な時間とお金を無駄にせず、きちんとした治療を受けられることをお勧めします。

 ※2:アメリカでは、FDA(米国食品医療品局、日本で言えば厚生労働省のようなお役所)は、所謂「がん免疫細胞療法」を承認しておらず、いわば「人体実験」と同等と考えられており、もしも医師が患者に免疫療法を施しているのが発覚した場合には逮捕されてしまいます。

日本でも、「がん免疫細胞療法」に関しては、一般の患者さんに使える臨床のレベルでは有効性が証明されていないのです。(「客観的な医学的エビデンス(証拠)が無い」と言います)、厚生労働省は許可していない治療法となります。従って、保険が使える治療とは認められておらず、どうしても受けたい方には自由診療として行われるのです。

 

実は、この「自由診療」では、医療保険が使えず全て実費を自己負担になりますが、逆に言うと医療保険の決まりごとに縛られないので、その使用の客観的な評価も受けなくて済むのです。これが免疫療法を行っている側にとっては思う壺で、治療を行う者が費用を自由に決められるということにもなります。ひょっとすると、保険が使えるようになると、現在やっている施設では「割に合わない」と言って、手を引くことになるかもしれないですね。

 

私の知るところでは、「1回の投与が150~200万円、通算で5、6回は受けて頂きますが、前払いして下さい。途中で脱落された場合(ということは患者さんがお亡くなりになった時?)でも残金の返金はしません」といった具合です。

昨年11月には、厚生労働省が調査したところ、全国に約430あるがん拠点病院の内の5病院で有効性が確立していない保険外適応のがん免疫療法を臨床研修ではなく、自由診療として行っていたことが分かったそうです。これまで書いてきたように、エビデンスの無い治療であり、経済的理由から行ったのではないかと情けなく思いますが、罰せられたという話は聞いていません。厚生労働省は、拠点病院で有効性が確立していない治療を実施する場合には、原則臨床研究として行う(と言うことは、費用は施設が負担することになります)ように指定要件を見直す方針だそうですが、何とも寛大かつ悠長なお話と感じるのは私だけでしょうか。こうした行政の優柔不断な対応もまた、日本でこうした不可解な治療が行われ続けている理由の一つとも言えそうです。

追記:本庶先生も、受賞後のご講演で、「わらにもすがる思いの患者に科学的根拠のない免疫療法を提供し、お金もうけに使うのは非人道的だ」と述べられています。また、厚生労働大臣との面会の折に、「オプジーボの薬価が高すぎる」と苦言を呈されたと報道されていることを申し添えます。

医療法人 寺田病院 院長板野 聡
岡山県倉敷市出身。
1979年大阪医科大学を卒業後、同年4月に岡山大学第一外科に入局。
以来、消化器外科、消化器内視鏡を専門として地域医療に取り組んでいます。
現在の寺田病院には、1987年から勤務し、2007年から現職に。
「臨床外科」(医学書院)にエッセイ「1200字通信」を連載中。
2016年11月15日に短編小説集、「星になった少女」(文芸社)、「伊達の警察医日記」(文芸社)を上梓しています。
2018年5月9日に「看取り請負人 死なせ屋ゴンがゆく」(ルネッサンス・アイ社)を新たに上梓しました。
日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本大腸肛門病学会指導医、日本消化器病学会専門医、
がん治療認定医、日本医師会産業医、ICD認定医、三重県警察医ほか。
趣味は映画、読書、クルマ。小型船舶1級免許取得。
岡山県倉敷市出身。
1979年大阪医科大学を卒業後、同年4月に岡山大学第一外科に入局。
以来、消化器外科、消化器内視鏡を専門として地域医療に取り組んでいます。
現在の寺田病院には、1987年から勤務し、2007年から現職に。
「臨床外科」(医学書院)にエッセイ「1200字通信」を連載中。
2016年11月15日に短編小説集、「星になった少女」(文芸社)、「伊達の警察医日記」(文芸社)を上梓しています。
2018年5月9日に「看取り請負人 死なせ屋ゴンがゆく」(ルネッサンス・アイ社)を新たに上梓しました。
日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本大腸肛門病学会指導医、日本消化器病学会専門医、
がん治療認定医、日本医師会産業医、ICD認定医、三重県警察医ほか。
趣味は映画、読書、クルマ。小型船舶1級免許取得。
評価4.7(8件)

Recently Popular最近よく読まれている記事

もっと記事を見る

Category カテゴリー

Writer ライター